ワーキングホリデーで得る英会話力、魅力の留学を実現

必要な英会話力

なぜ「英会話」を学ぶのか

 「英会話」を習得する目的は、人それぞれです。留学やビジネス、旅行等、様々な目的があります。様々な目的がある一方で、「英語を知らない」とは言えない時代になってきた、多くの方が認める時代にもなってきました。  どうしたら「英会話」を上達することができるのか、と自問自答している方も多いと思われます。まず、「何のための英会話か」と目的をしっかり確認することが必要です。曖昧な目標を立てると「甘え」がではじめ、モチベーションが下がります。これでは効率的に「英会話」を学習することができません。そして、継続して学習することも必要不可欠です。毎日学習することで、上達するのです。「語学」習得の結果は、自分では気がつきにくいものです。学習を続けている限り、必ず上達しているのです。

「インプット」、「アウトプット」の重要性

 数多くの「英会話」学習の方法が提案され、多くの方が参考にするようになっています。「英会話」を習得した人々に共通して言えることは、自分にあった学習法を探し、常に高いモチベーションで継続していたということでしょう。「誰でもがかならず習得できる学習法」というのは、今のところ存在しません。1人1人興味の対象も異なり、学習時間もまちまちです。そのためには、自分に合った学習法を探し出す必要があるのです。  多様化する学習法の中、「インプット」の重要性が言われています。耳からの情報が少ないために、「英語」を聴く耳が育ってないのです。この状態では、「英会話」の上達はなかなか見込めません。インプットの中でも、「自分の思いを伝えたい」という言葉等から始め、それをアウトプットすることで自分のものにすることができます。  インプットとアウトプットを繰り返すことが、「英会話」の学習に必要とされていることなのです。